補助金を活用する大切さ

福祉 補助金

福祉 補助金について

補助金を活用する大切さ

画像
福祉のサービスには多種多様なものがあります。
例えば、障害者がそのサービスを利用するときにも障害者によって、その階級による差があります。
障害2級と3級ではもらえる補助額の差もそうですし、待遇やその人が社会から受ける扱いにも差があります。
扱いに差があるということは、それだけ福祉サービスの在り方にも違いがあるということです。
その違いを多くの人に理解してもらうためには、それについて理解度が高まる社会の成熟を待つことが大切なのだと実感しています。
補助金の額による違いから、生活レベルに差がでるということも障害に関する分類と認定についてあらためて見直す動きを期待したいものです。
こういった問題は当事者とそれ以外の人とでの問題意識の差が顕著に見られると思います。
補助金はそんな背景を考えながら大切に使い、それを踏まえ感謝していくことが、当事者以外からの理解を得られる動きに繋がるということなのでしょう。
つまり真剣に考えることが大切なのです。